ハードディスク

パソコンのデータ復旧業者ってどこがいいの?

パソコンの進化と故障率は正比例する?

データ復旧方法、データ復元業者の比較情報サイトの紹介。パソコンの性能は年々進化していますが、しかしPCは性能の進化に比べて故障しないわけではありません。

逆にスペックが向上することにともない熱対策や精密度が増しているため、より壊れやすくなっているとも云えるのです。昨日まで使えていたパソコンがある日、急に起動しなくなってしまった・・・。ハードディスクから異音がする・・・WINDOWSに何か英語で書かれたエラーメッセージが表示される・・・。

PCを使っていると様々なトラブルに合うことがあります。OSやHDDは最悪、新品に入れ替えたり、WINDOWSをリカバリーすれば直るかもしれませんが、ハードディスクの中のデータが問題になります。

ウィンドウズなどを初期化してしまうと中のデータは通常、復元することはできなくなります。信頼できるデータ復旧会社に依頼するためにも、料金費用やサービスの内容をよく比較しましょう。というのも・・・

ハードディスクの寿命は4年前後

あなたはパソコンは動いて当たり前と思っていませんか?

それが突然異常な音と共に反応しなくなったらショックですね・・・

電源を入れてみても、BIOS画面から先に進むこともなく
聞こえてくるのはカツン、カツン、カッタン、カッタンという嫌な異常音だけ・・・なんてことも・・・

いつかやろうと思っていたバックアップをしていないことに後悔を感じますね!!

実はこのようにパソコンが起動しなくなった経験のある人が結構いるんですよ(*_*)

ビックリしたのは、パソコンに内蔵されているHDDの寿命は4・5年も経つと急激にトラブルが発生しやすいんです。

運よく、内臓されているハードディスクは壊れていなくても
フォーマットされてません。フォーマットしますか?
「フォーマットする必要があります」などの
エラーメッセージが突然、モニター画面に表示されるケースがあります。

HDDの交換期間の目安

なので、パソコンに限らず、USB接続のHDDやNASも購入してからだいたい、3年位を目安にHDDを新しく買い替えた方が無難だと言えるのです。

きちんとメンテナンスをしていればパソコンも長持ちします。

バックアップもきちんと取れるし、なにより大事なデータが守れるわけです・・・

そう考えてみても、多くのユーザーたちは、なかなか「お金の面」とか、
「設定が面倒!」だったり、結構そのまま放置している人がいるようです。

その結果突然、アプリケーションソフトやOSが異常終了してしまうのです(+_+)

物理的障害でも格安のデータ復元業者はどこ?

万が一HDD本体の原因でなかったら、どうにか自分でも修復が可能かもしれませんが・・・

実はここでミスってしまうと、大事なデータが二度と取り出すことができなくなります。

Windowsが起動しないだけでなく、異音がしたり、ブルースクリーンなどで、パソコンがまったく動かなくなったら、素人では復旧作業は難しい領域です。

そのため、できるだけ何もせずに、専門業者(データ復元会社)に電話をして相談することを勧めます。

データ復旧サービスの会社に依頼したら請求された修理代が思ったより
高かったと思う人もいるかも知れませんが・・・

会社で使う大事なデータや二度と思い出を作れない家族との写真など・・・
その価値をどう判断するのでしょうか?パソコンやHDDは新品のものに買い替えれば済みますが、保存してあったデータを再現することは難しかったり、出来なかったりするケースも多くあります。

残念ながら物理的障害が原因でHDDが動かなくなった場合に復旧業者に依頼すると、30万円とか40万円とかの見積額など
ビックリするほど高いイメージがありますが・・

でも安心して下さい!!

ここで案内しているサービスは、管理人が実際に依頼した経験があり、他社に比べ低価格で安心サービスを
お届けしているサイトです。他社では35万円とかの見積もりだったのですが、何とほぼ半額の20万円ほどで物理障害のハードディスクのデータを復元できました!

無料で見積もりして貰ってから、パソコンメーカーに初期化や修理も検討できるのでとっても安全です。

大事な写真や動画、会計、研究データ、エクセルやワードなどの文書データを消失して、悩んでいる人は是非、一度試しに見積もりを取ってみると良いかも!?

データ復旧サービス|ブレインネットワーク http://www.brain-network.ne.jp

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



アフィリエイトサービスプロバイダー(ASP)


おすすめ記事

人気記事