自動車

任意保険と自賠責保険の違いとは

初めて車を購入した時、営業マンから任意の自動車保険の加入を勧められた経験を持っている人がほとんどではないでしょうか。

自動車を購入する際に見積もりを出してもらいますが、必ず自賠責保険の金額も含まれています。なのに、どうして任意の自動車保険に入ることを勧

められるのでしょうか?。

それには理由があります。自賠責保険は法律で定められているものですが、コレはあくまで最低限のものでしかありません。

また任意保険の様に相手への補償額とかを自分で決めれるものではありません。

この自賠責保険は被害者のためにあるもので、自分のためにあるものではないんです。
そのため任意保険に加入せず、自賠責保険で補償をした場合、損害額が自賠責で決まっている額を超えた場合、自分で賠償しなくてはなりません。

さらに自賠責保険は、他人の所有する家や壁、持ち物を壊してしまった場合に補償することはできません。

そのため運転していると予期しないことが起こるので、万が一のために任意の保険に加入することが重要です。
自動車保険の要素は他人のための賠償と自分のための補償の2つの要素に分かれます。

まず他人のための補償は、他人を死傷させたり財産に損害を与えてしまった場合です。
そして自分のための補償は、自分の所有する車が損害を受けたときの補償です。

任意保険では、補償額を決めることができますが、対人対物に関しては無制限をオススメします。
誤って人に怪我をさせてしまった場合、怪我の度合いが軽ければ良いのですが、当たりどころが悪かった場合、麻痺が残ってしまったりして普段の生活を

送るのに支障が出てしまう恐れも充分にあるからです。

運悪くお年寄りなど、派手に接触したわけでもないのに転んでしまって亡くなってしまった、というケースもあります。
そうなってしまうと賠償する額も何百万、何千万となってしまいます。

また若い男性や子供をクルマの引いてしまい、
障害や亡くしてしまった場合の賠償額は数千万を超えるケースがほとんです。

あなたは現金でその金額を払うことができますか?。

対物も同じです。
ぶつかったのが電信柱でも、修理代金で百万近い金額を請求されることもあるのです。
中でも遮断機を壊してしまうと、かなりの金額を請求されてしまいます。

自分の車に補償を付けた方がいいのは、相手がいる事故の場合、必ず過失割合が決まるからです。
一時停止を無視してきた、赤信号なのに突っ込んできた、悪いのは全部相手なのに自分にも過失があると言われた、というのが車対車の事故です。
割合は悪い方が大きくなりますが、自分の車が動いていた場合10対0になることは滅多にありません。
そのとき、もし相手が任意保険に加入していなかったら、自分の車の修理費を自分で出さなくてはなりません。アクサダイレクト自動車保険の評判

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



アフィリエイトサービスプロバイダー(ASP)


おすすめ記事

人気記事