転職するときに必要になるのが「○○の書き方」

転職するときに必要になるのが「退職願いの書き方」です。
よく「退職願い」と「退職届」を同じものと勘違いするひとがいますが、

厳密にいえば違います。
「退職届」は役員クラスのひとが会社の都合に関わらず提出するもので、一般社員は「退職願い」を直属の上司に提出し、その後に辞めるスケジュールを決定します。

この「退職」については就業規則等で決められているので、「退職願い」だけでは残念ながらスグに辞めることは出来ません。

就業規則にもよりますが、通常3ヶ月以上前に上司と相談しながら「退職願い」を提出する時期や辞める日時を決めます。

勤務してからの年数にもよりますが、有給休暇を消化しながら退職までの準備をしましょう。

取引先への挨拶。同僚への報告などはいよいよ最後の1ヶ月前くらいになるケースがほとんです。なので仕事内容や引き継ぎ担当者の決定時期にもよりますが、引き継ぎは1ヶ月前から行います。

特に転職する場合、引継ぎは最重要ポイントになります。

というのも前職でのトラブルはその後にも影響する可能性があるので、あなたの仕事引き継ぐひとがしっかりと詳細が分かるように渡しましょう。

特に大切なポイントはメモでも書類化または電子化しておくと良いかもしれません。

もし、あなたが看護師資格を持っており、転職先が決まっていないのなら、ナースではたらこや看護ルーに無料会員登録しておくと良いでしょう。

また仕事の内容によっては、かなり最後の1ヵ月間は慌しくなるので、退職の準備は3ヶ月くらい前から必要になるわけです。

社員証や名刺、制服など会社から支給されたものは全て会社に返却する必要があります。もちろん、定期券なども返却しないといけません。トラブルの元になるので、金銭がからむものは特に注意が必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



アフィリエイトサービスプロバイダー(ASP)


おすすめ記事

人気記事