グーグルアドセンスで稼ぐテクニック

グーグルアドセンスで稼ぐテクニックにはポイントがあります。そのポイントを理解していない状態でgoogleのadsenseを始めてしまうと全く稼げず、アフィリエイトで稼ぐことを諦めてしまうことになってしまいます。稼ぐためには基本テクニックがあるのです。


具体的には幾つかのチェック項目をあげてみます。

月間検索数のチェック

別の記事でも紹介しているのでココでは詳細は省きますが、月間検索数が多いキーワードで上位表示されれば、もちろんアドセンスでの稼ぎは増えます。
但し、アドセンスサイトは特にヤフーでの上位表示が難しいためアドセンスでアフィリエイトを始めるなら、月間検索数は1,000回~10,000回くらいが基本になると思います。
尚、月間検索数が少ない場合、複数のサイトを運営し、その数の少なさを補う必要があります。また月間検索数が多い場合には、上位表示が難しくなるため、すぐに稼ぎたい場合には不向きです。
キーワードの1クリック報酬単価と月間検索数の両方のバランスをとる必要があるのです。

1クリック単価の確認

1クリック報酬単価が高い方が稼げることは間違いありません。
但し、それには落とし穴があります。グーグルアドワーズなどで広告に支払われている上位1~3位の1クリック単価は調べられますが、これはアドセンスの1クリックの収入とは厳密には連動していないことです。
アドセンスサイトに対してはグーグルで表示しているクリック単価とは別に単価を設定できるため、ほとんどの企業などでは10分の1くらいに設定しています。
つまりアドワーズで調べた1クリック単価の10分の1が1クリック単価の上限報酬となります。さらに必ず上限のアドセンスをクリックされるとは限りませんので、実際の平均はアドワーズで調べた単価の20分の1が1クリック単価の平均となることがほとんどです。

被リンク数のチェック

上位表示できるかどうかはキーワードによってもかなり違うので、何のキーワードで上位表示を狙っていくのかが一番のポイントと云えますが、何のキーワードで上位表示をさせるのかを判断する基準にわたし自身は被リンク数をチェックしています。
もちろん、ヤフーカテゴリーサイトであったり、グーグルのページランクも重要なチェックポイントだとは思いますが、あまり多くの項目を調べていると、調べているだけで時間がかかり、アフィリエイトで稼ぐまでに疲れてしまうため、わたし自身は被リンク数のチェックのみを行っています。
では、被リンク数がどれくらいならキーワードとして最適なのか?

被リンク数の平均を確認

戦術の違いにより全く異なる結論がありますが、わたし自身は特定のキーワードで
上位10サイトの被リンク数平均が
0~200の平均被リンク数を超狙い目キーワードのSランク
200~400を絶対狙い目キーワードのAランク
400~600を狙い目キーワードとしています。
それ以上の被リンク数があるキーワードはかなり本格的なサイトが多いため、SEOにお金を払って対応する以外には難しいでしょう。また相互リンクツールなどを使用する方法もありますが、今後検索エンジンのアルゴリズムが変ったときに危険なため、あまりオススメはしません。

運営サイトの数

アフィリエイトで稼ぐためだけに限りませんが、1サイト~3サイト位で稼げると思ったら間違いです。
様々な理由から、5サイト以上、できれば10サイトの作成と運営を目指しましょう。
複数をつくりSEOの実験サイト、アドセンスの位置を確認する実験サイト、手法の違うサイト群を運営することによって、いろいろな事が分かります。
また1ページだけのサイトも危険です。最低でも5ページ構成、できれば20ページ以上のサイトを複数作成しましょう。
様子見て、いけそうであれば100ページ、200ページとサイトの記事数を増やしてロングテールキワードも狙っていきましょう。

無料レンタルサーバーは使用しない!

但し、無料レンタルサーバーは絶対にやめておいたほうが良いでしょう。
無料レンタルサーバーのほとんどは広告が入ります。
また、狙ったキーワードでサイトを製作しても、正しくアドセンスが表示されません。全く関係のないアドセンスが表示されることが多く、せっかく作ったサイトが意味がなくなってしまうからです。
できれば有料レンタルサーバー+独自ドメインの取得、サブドメインで複数サイトの運営をまずはオススメします。
最低でも、無料ブログで複数サイトの運営を行ったほうが良いでしょう。

無料レンタルサーバーはグーグルアドセンスには向かない

ちなみにわたし自身は全て有料レンタルサーバー+独自ドメインで運営しています。
無料レンタルサーバーで300サイトを作成し、アドセンスの実験を行いましたが、全く失敗でした。
類似キーワード、コンテンツのシャッフルなど試しましたが、そもそも正しくグーグルアドセンスが表示されません。
無料レンタルサーバーではサブドメインの運用となるため、親ドメインの影響または無料レンタルサーバーの運営会社による何らかの影響があることが確認できました。
約2ヶ月から3ヶ月かけたサイト群の失敗で、わたし自身は無料レンタルサーバーは2度と使わないことを決めました・・・
あなたは、そんな失敗をしないように気をつけてくださいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


アフィリエイトサービスプロバイダー(ASP)


おすすめ記事

人気記事