データセンター

アフィリエイト向きレンタルサーバーはどこ?レンタルサーバー比較

現在、100個以上の独自ドメインを取得し、100個以上のアフィリエイトサイトを運営しています。でも30サイトを超えたくらいになると、色々なトラブルが発生しやすくなります。何が問題になるかというとコンテンツやキーワードではありません。

アフィリエイトサイト構築のため過去利用経験のあるレンタルサーバー一覧

  1. sakuraインターネット
  2. ロリポップ
  3. チカッパ
  4. NEXTSPACE
  5. ZMX
  6. ロケットネット
  7. ステップサーバー
  8. ハッスルサーバー
  9. コアサーバー
  10. エックスビット
  11. エックスサーバー
  12. WPX
  13. お名前ドットコム共有サーバー
  14. ASJアドミラル

レンタルサーバー選びは稼ぐための大切な道具

ドメインやレンタルサーバーを借りて30サイト以上の運営すると問題となるのが実はレンタルサーバーの管理なんです。メールの設定、FTPの設定、アクセス解析。ドメインやレンタルサーバーの更新管理だけでも相当苦労することになります。どれも重要な工程作業のため、レンタルサーバー選びはアフィリエイトで稼ぐための大切な道具のひとつなのです。わたし自身は上記のレンタルサーバーをすべて利用していますが、 では一体どこが良いのか?!

アフィリエイト向きレンタルサーバー比較

  1. No.1エックスサーバー

     

    エックスサーバー

    エックスサーバー

    00

     

    エックスサーバー ってどう?評判や評価について

    人気度
    スペック
    価格
    サポート
    利便性
    費用対効果
    サーバー安定度
    総合評価

    圧倒的な高機能で他社のレンタルサーバーを寄せ付けない!エックスサーバーは利用すればするほど、その価値の高さがわかる驚異的な人気を誇るレンタルサーバーです。共有型レンタルサーバーは1台のサーバーを数十人で分割利用するため、サーバーのスペック不足による機能低下を起こしやすい傾向があり…

  2. No.2お名前.comの共有レンタルサーバー

     

    お名前.comの共有レンタルサーバー

    お名前.comの共有レンタルサーバー

    00

     

    お名前ドットコムのレンタルサーバーってどう?評判や評価について。

    人気度
    スペック
    価格
    サポート
    利便性
    費用対効果
    サーバー安定度
    総合評価

    お名前ドットコムのレンタルサーバーには『SD-11』と『SD-12』という2つの一般的なコースがあります。また、その他に『SEOテーマパッケージプラン』という他のレンタルサーバーには無い特殊なコースがあるのですが、こちらは初期費用が高いのですが、要チェックのコースです。尚、スペッ…

  3. No.3ロリポップスタンダード(旧チカッパプラン)

     

    ロリポップスタンダード(旧チカッパ)

    ロリポップスタンダード(旧チカッパプラン)

    00

     

    ロリポップのスタンダード(旧チカッパプラン)ってどう?評判や評価について

    人気度
    スペック
    価格
    サポート
    利便性
    費用対効果
    サーバー安定度
    総合評価

    ロリポップのスタンダードコースと旧チカッパプランは同じです。元々は独立したロリポップを運営していたペポパの別サービスのレンタルサーバーだったのですが、数年前からロリポップの上位プランとして提供され始めました。またチカッパプランという名称は何故か廃止され、ロリポップのスタンダードプ…


管理人が7年以上利用し続けている理由

わたしは基本はエックスサーバーを断然にオススメします。実際、多くのアフィリエイトサイトをここで使用しています。契約もスムーズに進められ、入金確認、ドメインの取得、レンタルサーバーの開始、アクセス解析、メールの設定等、総合的に優れています。

値段は決して格安ではありませんが、なぜ、管理人がレンタルサーバーの中で、多くのサイトをココで利用している意味が、すぐにあなたも分かることでしょう。無料お試し期間も2週間あります。

無料お試し期間

これまで、無料お試し期間なんて気にしたことがなかった私ですが、最近この無料お試し期間があるのとないのとでは、実は大きな違いがあることが気がつきました・・・。なぜ、それほど重要なのか?

クラスCレベルでのIP分散

それはクラスCレベルでのIP分散を実稼動させるまえに確認できるかどうかということです。無料お試し期間があれば、レンタルサーバーを仮契約した状態でドメインの設定ができます。その後、ドメインのIPアドレスを調べることができます。

この時点で、複数のサイトとクラスCレベルでIPが重複するようであれば、仮契約をキャンセルし、他のレンタルサーバーと契約し、クラスCレベルでのIPを分散させることができるのです。

もちろん、ドメインのDNSサーバーの設定など若干面倒な作業はありますが、せっかく作るアフィリエイトサイトのIPが重複してしまうとサイトを作成し、リンクを張った時に効果が不明なため非常にもったいないことを防ぐことができます。せっかく作ったアフィリエイトサイトがレンタルサーバーのIP問題だけで上位出来ないなんて、その間の労力と時間が無駄になりますからね。

管理人の過ち

わたし自身は100個以上のサイトを運営していると云いましたが、それを複数のレンタルサーバーで契約しているということは、どのようなドメインのIP状態になると思いますか?
(実際は数十社のレンタルサーバーと契約。数社のレンタルサーバーは非常に悪いところのため、名前は伏せさせていただきました。)

約50%がクラスCレベルでIPが重複しているのです。
アフィリエイトサイトを作りながら途中から気づいたため軌道修正を行いましたが、すでに完成しているサイトを移すことが面倒なため、そのまま続行。そのため新規サイトのみ、IP分散を意識してアフィリエイトサイトを作っています。

クラスCレベルでのIP分散は意識しすぎても無駄

では、50%もクラスCレベルでIPが分散していない状態では、SEO対策ができず、検索エンジンにも上位表示できないのかといえば、経験上からは『決して、そうではない』と云えます。

クラスCレベルでのIP分散ができていないジャンルの異なるサイトが3つありますが、そのサイト全てが狙ったキーワードでヤフーでは上位表示しています。

クラスCレベルでのIP分散はあくまで保険

今日現在、IP分散問題は検索エンジンではあまり問題になっていないということです。アフィリエイト初心者のひとが、まず始めに攻略すべき検索エンジンはグーグルのため、IP分散の特許をもつグーグル対策のためにクラスCレベルでのIP分散が重要となってきます。

まだ、1つのサイトだけなら気にする必要もありませんが、アフィリエイトサイトが2つ、3つと増やしていく過程では、クラスCレベルでのIP分散を意識して、レンタルサーバー選びをしなければ今は平気でも将来が危ないかもということです。

でも実際はレンタルサーバーのスペックの方が重要です。いわゆる回線速度です。検索エンジンのサイトの評価基準にはストレスなくホームページを表示させることができるかといった指標があると云われています。

同じ共有サーバーでも1つのHDDに数百人も格納しているサーバーよりも、大きな容量に数十人規模のサーバーの方が処理は早くなります。バックボーン回線やメモリー処理といった項目も同様に重要です。

つまりクラスCレベルでのIP分散よりもレンタルサーバーのスペック、レンタルサーバーの各種スペックよりもオリジナルコンテンツの方が大切と考えます。

クラスCレベルでのIP分散確認には無料お試し期間が重要

以上のことから、おわかりいただけたと思いますが、アフィリエイトで稼ぐためには、何らかのキーワードで上位表示をする必要があるのですが、複数のサイトを運営し、相互リンクまたは被リンクする場合には、クラスCレベルでのIP分散を事前に行っておいた方が無難です。

レンタルサーバーに無料のお試し期間があれば、ドメインを設定してからIPを確認することができますが、無料のお試し期間がなければ、お金も入金して、全て行ってからIPがが分かることになり、重複する危険性が非常に高くなるのです。

特に、同じ会社のレンタルサーバーを借りる場合には、IPが重複する可能性が極めて高くなるため、『無料のお試し期間がある』ことが重要になってくるのです。

『無料のお試し期間』があれば通常7日とか10日きらいのお試しで利用でき、実際にドメインを設定し、IPを確認することが出来ます。レンタルサーバー契約時に通常、ついてくるサブドメインでもIPアドレスは確認が可能です。

 

料金も月400円前後の非常に安いものから、月1,000円くらいかかるものまでありますが、これから初めてレンタルサーバーを借てアフィリエイトするなら、『エックスサーバー』をまずはオススメしておきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


アフィリエイトサービスプロバイダー(ASP)


おすすめ記事

人気記事