PPC広告を使って短期間に稼ぐ方法とは!?

PPC広告とは

PPC広告というのは、検索結果の上段や右側に表示されている広告のことです。

このPPC広告に、1ページ~数ページで作成したアフィリエイトサイトをYahoo Overtureやgoogle Adowrdsに登録申請をし、お金を出してYahooやGoogleに掲載して、短期間にアフィリエイトで稼ぐという方法です。

アフィリエイトする商品名や企業名などの固有名詞で、PPC広告を出して稼ぐ方法が一般的ですが、商品名や企業名でPPC広告を出すことを禁じている広告主やプログラムも多いので、掲載には注意が必要です。

SEOなしで爆発的なアクセス数を獲得可能

一般的にアフィリエイトで稼ぐまでに時間がかかってしまうのは、アフィリエイトサイトが検索エンジンで上位表示できないため、訪問者が増えず稼げないというのが主な要因です。

この検索エンジンでサイトを上位表示させることをSEO対策といいますが、SEO対策を施し、訪問者を集めるという大変に労力のかかる部分を、広告費を支払うだけで、ほとんどできてしまうのが、このPPC広告(PPCアフィリエイト)の最大のメリットといえます。

尚、キーワードによっては1クリックあたりの費用も高額となるケースもあるため、ここでもキーワード選択は重要です。訪問者も多く、アフィリエイト報酬の高いキーワードは1クリックあたりの費用が高く、一般商用サイトならペイできるものも、アフィリエイトサイトでは難しいケースが多いのです。

但し、アフィリエイト報酬と広告費の費用対効果が計算できれば、短期間で劇的に稼ぐことができます。

費用対効果

まずは、試験的に1カ月1万円~3万円ほどを上限とし、費用対効果を計るとよいでしょう。ひとによっては、もっと投資可能という人もいるかもしれませんが、アクセス数だけあっても必ずしも稼げるわけではありません。

特にPPC広告はキーワード、広告、サイトの成約率といった流れをしっかり押さえる必要があります。そのため試験運用がかかせません。

この試験運用では稼ぐことが目的ではありません。キーワード毎の訪問者数とクリック率、そして成約率を確認するためです。それぞれの数値が分かれば1クリックあたりの適正な費用がわかります。

いきなりPPC広告をしなくても、既にサイトアフィリエイトをやっている人は、稼げるキーワードや広告プログラム、成約率などがわかっているので非常に有利な立場にあります。

サイトアフィリ、そしてPPCアフィリ、さらにサイトアフィリと回し、好循環サイクルに入れば怖いものなしです。

審査に落ちやすいサイトとは

尚、インフォトップなどの情報商材はPPC広告には向きません。ヤフー、グーグルともに審査時に落ちやすいので不向きなんです。また医薬・薬事法に関するものも広告自体が出稿できません。

色々と難しいPPCアフィリエイトですが、PPC広告を使えば短期間に稼ぐことが可能ですが、残念ながら、あまり初期投資にお金をかけられない人には向きません・・・。お金を燃やして、お金を稼ぐ商売気質のある人には断然に向いています。

もし、あなたが短期間に一気に稼ぎたいなら、こちらがきっと参考になるでしょう。

人生の大逆転を狙うなら、PPCアフィリエイトに勝るものはないでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


アフィリエイトサービスプロバイダー(ASP)


おすすめ記事

人気記事