グーグルのページランクとSEO 対策

特定のキーワードで検索すると、グーグルのページランクが0とか1でも、上位表示されているサイトがあります。なのに、ページランクが4とか5でも、上位表示されていないのは何故なのでしょう?!ブログやMovableTypeでアフィリエイトを行う上で、SEO対策は避けられないことから気になるところではあります。


当サイト管理人が運営しているサイトにも、グーグルのページランクが0のもあれば、すでに4を獲得しているものもあります。ページランクの仕組みは詳しくはわかりませんが、どうやら運営年数と、被リンクに関係があります。
グーグルページランクが高ければ、検索エンジンに上位表示されるわけではないので、参考までにですが、グーグルページランクが高いサイトからの被リンクは上位表示されやすいのです。
つまりグーグルページランクが高いサイトは、オーソリティー(権威)の役割を与えられているということです。オーソリティー(権威)の代表的な例はyahoo!やAll Aboutなどです。
どうすればグーグルページランクが高いサイトになることができるのか?
運営年数が長いことが第1条件です。
ドメイン取得年数から判断すると運営年数が5年以上ということが1つの条件のようです。
そして、運営年数とも深く関わってくるのが、被リンクの年数です。
被リンクの質を気にすることも重要ですが、被リンクの年数を考えることのほうが重要かもしれません。
被リンクの年数を考えるとは、お金で被リンクを買うことをなるべくしないで、相互リンクや自サイトの運営するサイト群で被リンクを行うことで、被リンクの年数は長くなります。
短期的に検索エンジンの評価を上げるには、有料のSEO対策で被リンクを買うことはあるかもしれませんが・・・3ヶ月毎にリンクが消されてしまうような有料リンクでは結局意味がないことになります。
またグーグルのページランクが高くなれば、オーソリティー(権威)としての役割が与えられるので、自分が運営するサイト群にも優位に働きます。
アフィリエイトで稼ぐには短期的なことに囚われることよりも、グーグルのページランクが高くなるように被リンクを集めて、長期にわたって運営することが王道ということになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


アフィリエイトサービスプロバイダー(ASP)


おすすめ記事

人気記事