renewal_open

アフィリエイトサイトのリニューアルは危険

ホームページのリニューアルをする際には、幾つかの注意すべきポイントがありますが、アフィリエイトを始めたばかりの初心者の方だけにとどまらず、現在、すでに稼いでいるひとも、サイトコンテンツの変更は気をつけましょう。今回はトップページの文字数について、私自身が行った失敗をご紹介します。

100文字ほどのテキストを削除してみた結果

ホームページは、定期的に更新されているサイトの方が、ヤフーやグーグルなどの検索エンジンで、上位表示するのに有利なのは間違いありません。そこでと私は、自サイトのトップページを若干、変更してみたのです。変更したといっても、100文字ほどを削っただけです。デザイン、その他は一切手を加えていません。やったのは文字数の削減だけ・・・。

「デザイン上、訪問者が文字数が多すぎて、見づらいのでは?」、「トップページからのサイト内へのリンクテキストは少ないほうが良いのでは?」という仮説から、100文字ほどのリンクやテキストなどを削ってみたのです。その結果どうだったと思いますか?

翌日以降、グーグルで、各種キーワードの検索順位が軒並み落ちたのです!

それも、1、2位ほどの微減ではありません・・・。20位、30位もガックンと下がってしまったのです・・・。想像以上のインパクトでした。

文字数を削除しただけでも

テキストを100文字削除しただけでサイトの順位が下がってしまう!!その急激な変化に驚きました。このサイトだけ何か別の要因があって下がってしまったのかと思いましたが、他のサイトでも試してみましたが、100文字ほどテキストおよびテキストリンクを削除したサイトは全て、グーグルで翌日には順位が落ちてしまいました。

グーグルは、もっと内部コンテンツは無視していると思ったのですが、そうでもなかったみたいです。その後、慌てて、削除した文字を元に戻しました。戻したら、全てのアフィリエイトサイトで、すぐに順位も戻ったので、ホッとしたことは云うまでもありません。

グーグルアルゴリズムの変化

数年前、ヤフーとグーグルの検索エンジンが別々だった時代がありました。ヤフーはどちらかと云えば、内部要因重視。グーグルの検索結果は外部要因重視といった傾向がありました。つまりヤフーの検索結果で特定のキーワードを上位表示するためには記事数や1記事当たりの文字数が多いほど有利でした。その一方、グーグルの検索結果はヤフーと違って、内部要因の影響はほとんどなし・・・。主にどのようなサイトや記事からリンクされているのかといった被リンク重視だったわけです。

ところがヤフーがグーグルの検索エンジンを採用し、状況は一変しました。文字数や記事数は無視され、リンクが最重要ポイントになったのです。その頃から、SEO対策を有料で実施する企業が断然と増えました。その結果、グーグルはかつての外部要因重視の方針から、過去のヤフーアルゴリズムのように内部重視の設定に変わっていったように感じます。

つまり文字数や記事数などの訪問者の満足度の高い記事を評価するように再度、変わっていったのです。単純に文字数や記事数を増やすだけで訪問者の満足度が高くなるとは限りませんが、それだけ詳細な情報を記事にすることで、訪問者の満足度を高める努力が必要なことは間違いありません。

下手なSEO対策。つまり有料リンクを購入したり、相互リンクするよりも、記事を1つ1つ丁寧に書いていくことが今のSEO対策で最重要といって良いでしょう。

記事数・文字数を増やしてSEO対策

つまり、グーグルでは被リンクが重要であることは変りませんが、あまり検索エンジンの順位が、相互リンクや、被リンクを集めても上手くいかない場合には、文字数を増やしてみることをオススメします。文字数を増やすといっても、キーワードだらけではなく、自然な文面で増やしてみたら、順位が上がる可能性があります。もちろん、下がる可能性もあるのですが、バックアップをきちんと取った後に、行えば、最悪順位が下がったとしても、元に戻せば済むことなので、試してみる価値はあると思います。

100文字の削除と追加で、順位が変動する!
このことは覚えておいた方が良いでしょう。

上位サイトのトップページの文字数は

ちなみに、上位サイトのトップページの文字数平均は1,000文字~2,000文字くらいです。自分のアフィリエイトサイトのトップページ文字数が、これ以下の場合には試してみてはいかが?!但し、いっぺんに色々やりすぎると、何によって順位が変動したのかが、分からなくなりますので、作業は1ヶ月に1個位にして、様子をみることをオススメします。

下手なSEO対策をするよりも

サイトのリニューアルや記事の更新作業を行うときは、文字数を増やし、訪問者の満足度が高くなるようにリニューアルしましょう。逆に、文字数を減らすときは注意が必要です。今後、検索エンジンはより訪問者の満足度を考えた設計になっていくことは間違いありません。そのため如何に訪問者に長くサイトにいてもらい、色々な記事を読んでもらったりすることが大切になってくるでしょう。

記事数は増やせば良いといった単純なものではなく、訪問者のためになる記事を書く努力が必要です。下手なSEO対策をするよりも、訪問者の満足度を高める努力がアフィリエイトで稼ぐ基本中の基本です。

まとめ

  1. 文字数を減らすときは要注意
  2. 文字数を増やす。つまり訪問者の満足度を高める努力
  3. 記事数を増やす
  4. 追加記事の更新頻度を高める
  5. アクセス解析し、訪問者の多い記事を重点的にリニューアルする

あなたのサイトは記事は訪問者の満足度が高くなるように作成していますか?只、文字数だけが多い・・・。記事数だけが多いゴミサイトになっていませんか?もしくは最初から記事数も文字数も少ない役に立たないサイトになっていませんか?1記事あたりの文字数が400文字~800文字と少ない場合、2つを一緒にしてみるのも方法です。

多くの稼げないアフィリエイターはそもそも訪問者の気持ちを考えていません。自分が稼ぐことしか考えていないのです・・・。そのため情報自体がなかったり、役に立たないケースが多いのです。あなたのサイトは大丈夫ですか?

SEO対策を無暗に考えるよりも、記事内容を充実させる努力が、遠いようで一番早い、アフィリエイトで稼ぐ近道ですヨ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


アフィリエイトサービスプロバイダー(ASP)


おすすめ記事

人気記事