タイトル名にキーワードはどの程度記述するべきか

タイトル名を作成する際には、キーワードはどの程度含めるべきか?タイトル名にキーワードを含めることはSEO 対策の基本ですが、キーワードを10個も20個も含めることはできません。


では、タイトルに5個くらい含めることは、どうでしょう。
例えば、「アフィリエイト初心者でも在宅ワークでお小遣いを稼ぐ」ではいかがでしょうか?
(1)アフィリエイト
(2)初心者
(3)在宅ワーク
(4)小遣い
(5)稼ぐ
この場合のサイトタイトル名の文字数は、基本的な25です。
文字数については一応、合格ラインだと思いますが、上位サイトでサイトタイトル名に含まれるキーワード数は、平均して1.2くらいです。
つまり、同じキーワードは1つというサイトが多いのですが、同じキーワードを25文字以内に2回含めているサイトも上位表示されているということです。
タイトル名に重要キーワードが、1つの場合と2つの場合とでは、どの程度の差がでるのか、現在不明ですが、強調したいのなら2つ。無難にいきたい場合には1つに収めておいた方がよいでしょう。
また先ほどの例で紹介した、「アフィリエイト初心者でも在宅ワークでお小遣いを稼ぐ」の問題点はないのでしょうか?
この場合の問題点は、やはりキーワード数です。タイトルに含めるキーワード数は1~3個以内の方が重要キーワードを検索エンジンが認識しやすいようです。それでは、色々なキーワードで上位表示させたい場合には、どうしたらよのでしょうか?
その場合には1つのサイトに色々なキーワードを詰め込むよりも、2つのサイトを作成し、別サイトにした方が良いでしょう。
先ほどの例を修正するとすれば、「アフィリエイト初心者でも稼ぐにはアフィリエイトなび」で25文字くらいが良いのではないでしょうか。メインキーワードは「アフィリエイト」です。サブキーワードは「初心者」、「稼ぐ」となっています。
タイトル名に同じキーワード1回~2回。
キーワード数は1~3個が基本。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


アフィリエイトサービスプロバイダー(ASP)


おすすめ記事

人気記事