今、もっとも注目されているSEO対策

SEO対策オールドドメイン販売SEO対策の方法は内部・外部をはじめ色々なサービスがあります。かつては被リンク数の数だけでビッグキーワードでも上位表示可能でしたが、それだけのサイトはYahoo・グーグルともに順位が落ちてしまい厳しい現状になっています。そのような中、今もっとも注目されているSEO対策があります。


それがオールドドメインです。

つまり中古ドメインということなのですが、サイトのドメインの年数が、ブランド信用度ということになります。

このドメインエイジ基準が強化されているのです。これはメインのサイトが古くなければ上位表示されないという意味ではなく、ドメインの年数が古いものからリンクされているほうが、検索上位に優位に働くという意味です。

また現在、ヤフーやグーグルにおいて各種キーワードで20番以内に上位表示されているサイトを調べると、ドメイン年数が平均5年2ヶ月という調査結果があります。ただし、このことがイコールSEO対策上有効な方法という意味ではありません。一応の参考値にしかすぎません。

それだけ前から検索エンジンに上位表示させるため努力しているサイトが結果として平均して5年2ヶ月だったともいえるからです。

しかしサテライトサイトに中古ドメインを使い、メインサイトにリンクを貼れば、信用度の高いサイトからリンクされているサイトは良いサイトと認識されているようです。

但し、このことについては賛否両論あることも事実です。

  1. 中古ドメインがかつてスパム判定を検索エンジンから受けており、上位表示されづらいものとなっているという危険性。

  2. そもそも、ドメインエイジ基準は大きな判定基準ではなく、それほど気にする必要はないという意見。

  3. ドメインエイジ基準など、そもそも存在しないという意見。

 

諸説様々ありますが、私はメインサイトにおいては危険性があるため使うことはお勧めしませんが、サテライトサイトであれば特段、問題にもならず、またメインサイトに優位に働いていると感じています。

そのような認識を裏付けるものとして、オールドドメインからの被リンクサイトは検索エンジンの各種キーワードで上位に表示されているからです。

全てのサイトで行うのではなく、メインサイトにリンクをはるサテライトサイトには中古ドメインをオススメします。

新Yahoo!検索エンジンアルゴリズム対策として、Yahoo!ユースやインターネットジャパンでも大きく取り上げられたオールドドメインOnlineストアの新型SEO対策!

被リンクの「数」で上位表示する時代は既に終わった!!
被リンクは「質」です。

IP分散よりも、ドメイン分散、ドメイン分散よりもコンテンツ分散!

リンクだけに固執せずに、記事やコンテンツに注力する方が今のSEO対策には効果的です。今後、この傾向は増強されることはあっても、縮小されることはないでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


アフィリエイトサービスプロバイダー(ASP)


おすすめ記事

人気記事