ヤフー・グーグル共通のSEOでアクセスアップさせる方法とは

ヤフーとグーグルでは被リンクが同じでも、検索エンジンの順位に明らかな違いがあります。では、共通して検索順位がアップする方法はあるのか?調べてみました。


グーグルで順位が上昇したと思ったら、ヤフーで順位が下がってしまった・・・
また、逆も多くある傾向です。
何故、そのようなことが起こるのか?
サイトの判定基準、および判定する更新頻度等、様々な要素があるためです。
中でもサイトの判定基準の1つである被リンク数・質が重要です。
被リンク数は多ければ多いほど順位が上がるといった単純なものではありません。質も重要なのです。この場合の質とは多くの要素から成り立ちますが、そのうち幾つか重要なものは下記の通りです。
(1) 同じジャンルのサイトからの被リンク
(2) 古くから運営されているサイト(できれば5年以上)
(3) 更新頻度が高いサイト(最低、3ヶ月に1度は更新している)
(4) 被リンクサイト自身に被リンクサイトが多くある
(5) 被リンクサイトがヤフーカテゴリー登録サイトである
(6) 相互リンクではなく、一方的な被リンクである
上記、項目全てに該当すればヤフー・グーグルともに順位は上昇する傾向にあります。
そりゃそうだ・・・
でも、一般的なアフィリエイトサイトで、全てに該当することは自作自演でもなければ中々難しいという問題があります。
では、どうすれば良いのか?
シンプルに考えれば、
「同じジャンルのヤフーカテゴリー登録サイトと相互リンクする」
ということが最短で最善の方法といえます。
この方法はヤフー・グーグルともに非常に有効な方法です。
特に自サイト群にヤフカテゴリー登録サイトがない状態で、検索エンジンに上位表示されるようになるためには、この方法以外ありません。
では、ヤフーカテゴリーに登録されていないサイトからの被リンクは全てムダなのかといえば、そうではありません。そのサイト自身が登録されていなくても、そのサイトがヤフカテ登録サイトの被リンクがあれば有効といえるでしょう。
有効な被リンク①
ヤフーカテゴリー(登録サイト)被リンク → 自サイト
有効被リンク②
ヤフーカテゴリー(登録サイト)被リンク → 同ジャンル(登録されていないサイト)被リンク → 自サイト
実際にはもう少し色々な要素が考慮されますが、あまり複雑に考えすぎると、何をしたら良いのか却って分かりづらくなると思うので、上記の被リンクを意識して相互リンクをメールでお願いしながら数を増やしていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


アフィリエイトサービスプロバイダー(ASP)


おすすめ記事

人気記事