アフィリエイトサイト・ブログでもSEO対策は避けて通れない

Yahooの関係者には怒られそうですが、今まではYahoo対策は単純でした。しかし、ここ1年のYahooはまるで違います。


過去、Yahoo対策の仕様は内部対策50%、外部対策50%くらいと比較的、サイトをいじってキーワード率やタイトル、サイト紹介文に気をつけて、被リンク数を集めればほとんど上位表示できました。
そのYahooが全く変ったのです。
昨年、春頃と2007年11月以降におきた変化に、ついていけなかったサイトは軒並み上位表示されていたサイトでも、100位以下に飛ばされたのです。
100位以下とは、ほぼ即死ということです。
「20位以下では、インターネット上に存在しないのと同じという」話がありますが、それは大げさでも、100位は「間違いなく存在しない」のと同じです。
ではgooleはどうか?Googleはそもそも、あまり内部的SEOは関係ありません。
現在のYahooが内部、外部の重視度が30:70くらいとするなら、Googleは10:90くらいです。
但し、一口に内部、外部といっても、その指標が違うために、検索エンジン上の表示には相違点が幾つかあります。
YahooはYahooカテゴリー登録サイトを検索エンジンにいままで以上に評価する仕様に変ったようです。Yahooカテゴリー登録されていなければ、上位表示されないという意味ではありませんが、カテゴリー登録サイトのほうが有利に働くことは間違いないようです。
そのため、これまでアフィリエイトをしてきた人々にとっては、いきなりYahooから消えた話が多く、Googleを主体にSEOを対策してきた人たちは安泰だったという結果に現在なっています。
では、今後はどうすれば良いのか?!
基本はGoogle対策を行いながら、Yahooカテゴリー登録を目指すというのが王道でしょう。
Yahooカテゴリー登録をしてから、Google対策ではダメだということではありません。サイトのコンテンツ内容によっては。そちらの方が良いケースもあります。
但し、Yahooカテゴリー登録は結構難しくなっているので、無理をせずにGoogle対策から始めた方が楽なのではという意味です。
ちなみにサイト運営者である私は現在、10サイトほどをメインに運営していますが、そのうち4サイトがYahooカテゴリー登録サイトです。1つは7年以上、もう1つは4年以上運営しているので、そこを基点にサイト群の運営が可能なのです。
Yahooカテゴリー登録方法についてはまた別の機会に紹介させていただきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


アフィリエイトサービスプロバイダー(ASP)


おすすめ記事

人気記事