月刊検索数

月間検索数とキーワードの関係について

今、現在、グーグルのアドセンスで稼ぎたいと思い、その中でまずキーワードが大切と聞き、自分が好きなジャンルのキーワードや、過去に自分が悩んだことや経験したことをキーワードのリストにしてみたのですが、キーワードリストは、これだけで充分でしょうか?

キーワード選択の要?月間検索数

好きなジャンルや、過去の悩んだこと経験したことをキーワードのリストしたら、次は選んだキーワードの検証が必要です。何故ならキーワードは月間検索数が大きすぎても小さすぎてもアドセンスでは稼ぎづらいからです。通常、基準としては月間検索数が10,000回以上のものは難しいでしょう。また3,000回未満でも難しくなります。

つまり一般的にアフィリエイターが狙うべきキーワードは3,000回以上~10,000回未満のものが主に対象となります。1日でいうと100人~300人位が検索しているキーワードです。何故、10,000回以上が難しいのかは、Yahooやgoogleで調べてみると分かるのですが、上位サイトが非常に強い傾向にあるからです。3,000回未満は今度は少なくなりすぎて、中々成果があがりづらくなるからです。特にアドセンスではその傾向が強くなりますが、それ以外のアフィリエイトでは気にする必要はないかと思います。

需要と供給のバランスが崩れているキーワード探し

キーワード選択のポイントは「需要と供給のバランスが崩れているキーワード探し」が大切です。

この「需要と供給のバランスが崩れているキーワード」とは、需要が高いのに、ライバルサイト数が少ないキーワードのことです。またユーザーの需要が多いのに、ライバルサイトの記事情報が少ないキーワードも同じような意味で需給のバランスが崩れているといえます。需給が悪化しているとアフィリエイトをする人間には参入しやすい隙間が産まれるわけです。

そのため月間検索数は、その需給のバランスを見る1つの手法にしか過ぎません。

尚、需給バランスが急激に変化することがキーワードがあります。それは・・・

トレンドキーワード狙い

月間検索数がそもそも多いキーワードは大手の企業などが狙って広告やSEOを実施しています。なので、個人のアフィリエイターなどは狙うこと自体が間違っています。ですが、キーワードの中には瞬間的にある特定期間だけ、検索数が急上昇し「需要と供給のバランスが崩れるキーワード」があります。

  1. 芸能人が結婚したけど、相手の詳細が分からない・・・。
  2. ニュースで事件があった場所。
  3. 新製品の発表。
  4. その他。

その他、キーワードには瞬間風速が吹くキーワードというものがあります。ヤフーの急上昇検索キーワードやKIZASIなどに載っているので参考にすると良いでしょう。

このようなトレンドキーワードは、そもそも大手企業も、稼いでいるアフィリエイターもSEO対策などのテクニックが使いづらいので、参入しづらい障壁があるのです。成果報酬型のアフィリエイトでは、このトレンドキーワードは条件が色々揃わないと難しいですが、アドセンスであれば、広告がクリックされるだけ報酬が発生するので、相性が良いのです。

つまり「アドセンス+トレンド系キーワード」の組み合わせであれば、キーワード毎の月間検索数は気にしなくてもアフィリエイトが可能なんです。

 

月間検索数は目安の1つ

さて、ここまで月間検索数は大事と言ってきましたが、あくまで1つの目安であり、一般的な話にしか過ぎません・・・。例えば、アドセンスとは違うエーハチやインフォトップなどのASPを使った成果報酬型では3,000回未満でも良いキーワードであれば月間検索数は気にする必要はないでしょう。なので、月間検索数はあくまで目安程度としておきましょう。

アフィリエイトの手法やキーワードによっては、月間検索数は重要ではなくなることもあるのです。

PPC広告も利用できる!?

以前は月間検索数は調べることが左程難しくなったのですが、今日現在は調べることは簡単ではありません。そのような中、調べられる唯一の方法がヤフーオーバーチュアやグーグルのアドワーズなどのPPC広告です。

PPC広告に出稿すると個別のキーワードの月刊検索数がかなり正確に分かります。

でも、PPC広告に出すお金がない・・・。そもそもPPCなんてやるつもりないと言う方がほとんどでしょうが、実はPPC広告で実際にお金は、ほとんど払わないでもOKなんです。広告出稿にお金は多少かかりますが、クリックされないければ、良いので、キーワード登録だけして、1クリック単価を1ページ目に表示されないように下げておけば、ほとんどクリックされません。

広告レポートにはインプレッション数が表示されるので、期間を月刊に設定して、レポートを表示させれば、設定したキーワードの状況が分かります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


アフィリエイトサービスプロバイダー(ASP)


おすすめ記事

人気記事