管理人の失敗事例・スパム判定

アフィリエイト初心者が陥る恐ろしいスパム行為・・・。SEOの基本を知らず、やたらSEO対策を行うことは危険です。全く稼ぐことができません。
現在、管理人はメインとして扱っているサイトが10サイト。その他に管理しているサイトが300サイトくらいあります。300サイトは、ほとんどが無料のレンタルサーバーを使っているのですが、ある時、メインのサイトで3番目に稼いでいるサイト(1,000円~5,000円/1日)がランク外に消えたのです・・・


一瞬、我が目を疑いました。
何が起こったのか?!
思い当たることが、1つありました。
某、無料のレンタルサーバーに仮サイトとして、同じ中身のサイトを数百と登録したのです。
何故、そのようなことをしたかというと、本サイトが出来るまで、サイト製作とSEO対策を分けて、チームを組んだのです。
私が、サイト製作している時間、SEO対策の1つである中小検索エンジンの登録や、グーグルウェブマスターツールの登録、そのほか様々な作業があるため、仮サイトをインターネット上にアップして、そのサイトで作業をしてもらっていたのです。
ところが、そのような作業の最中、突然、その時、一番ちからを入れて作成していたサイトが各検索エンジンで、次々とランク外に・・・
一瞬、何が起こったのか訳が分かりませんでしたが、他のサイトでは影響を受けていなかったので、検索エンジンの仕様変更ではありません。
その1つのサイトに起こった特別なことです。
そう、悪夢のスパム判定です・・・
仮サイトとしてアップしていたものは、全てスパム判定を受けたサイトにリンクしていました。ほぼ同一IPのサイトから突然、被リンク数が増えたことが原因のようです。
慌てて、仮サイトを撤去し、リンク先も、テスト用サイトに変更しなおしました。その数、数百サイトです。しかも、ただの1ページサイトではありません。1サイト50ページはあるサイト群で、中身も全く同じものは存在しません。最低でも30%は違うように1ヶ月間も手を入れて作成したものでした。
それが無駄になったのです。無駄というよりもマイナスです。大きなマイナスです・・・
自作自演の被リンク数の演出は気をつけないと、スパム判定を受けて回復不能になる可能性があります。もし、キーワードを変更して自サイトで被リンク数を増やす場合でも、ドメインは独自ドメインで、レンタルサーバーを借りて数個で行うのが良いでしょう。
無料のブログや、無料のホームページサーバースペースで何十、何百というサイトを作成して、被リンク数を増やしても、効果がないどころかスパム判定を受けて、マイナスになってしまいます。
そういう意味でも相互リンクの方が安全です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


アフィリエイトサービスプロバイダー(ASP)


おすすめ記事

人気記事