管理者が行った失敗事例

アフィリエイトを行っていると、サイトの色々な部分が気になります。特にアフィリエイト初心者の方の場合、デザインだったり、文章の中身だったり、SEO対策を施したりと、分からない箇所を聞いては修正するという作業が多いと思います。

しかし、その作業は実はとても危険なのです。初心者の私は、一度気になると色々なところが気になりだして、やたら変更したくなるのです。変更し始めると完成するまで明け方まで作業をすることが良くありますが・・・


しかし、この変更が問題です。SEO対策を考えて、色々やった結果、ランク外にサイトが飛ばされたことは1度や、2度ではありません・・・。

一生懸命やった結果がランク外に!?それは、とてもショッキングなことです。
茫然自失とは、こういう事をいうのでしょう。

サイトを全く手をつけないで、ほったらかせという意味ではありませんが、変更して失敗するくらいなら、変更などはせずに、別サイトをつくることをオススメします。
特にファイル名(タイトルではなく。URLに表記されるもの)はやたら削除したり、変更したりすると検索エンジンの評価がなかなか上がりません。
管理人が8年間運営している別サイトでは、ファイル名の古いものはグーグルランクも4以上のものがほとんどです。しかし、比較的新しいファイル名のページはランクがついていなかったりします。
信用度という意味で、古いページは有効のようです。そのような理由から、ファイル名を変更せずに、ページの中身を替えてみたらどうでしょうか?
よくありがちな修正ですが、これもあまりオススメできません。
修正の頻度が高いと、何が検索エンジンに評価されたのか?
何がマイナス評価になったのか分からなくなるためです。
実際に管理人は変更しすぎて何が評価されて、何がマイナス評価になったのか、分からなくなったことは、1度や2度ではありません。マイナス評価となったときは、とりあえず前のバージョンに戻すという作業を繰り返してきました。

もちろん修正作業はすべて無駄です。無駄というよりもマイナスです。もし、このとき、前のバージョンをバックアップしていなかったら、そのサイトは壊滅的な打撃をうけたでしょう。
つまり、基本的に一度作ったサイトは修正しない。修正するくらいなら、別バージョンのサイトを作ったほうがSEO対策上もアフィリエイトのサイトが増えるという意味でも有効です。
万が一、どうしても修正する場合には、必ずバックアップをとってから行いましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


アフィリエイトサービスプロバイダー(ASP)


おすすめ記事

人気記事