モバイルアフィリエイトの問題点

モバイルアフィリエイトは利用者数に比べて、サイト数が少ないので大変ねらい目です。また年々、携帯電話を使ってのインターネット利用者数は増えており、パケ放題も、そのことに拍車をかけています。しかし、それでも幾つかの問題点があります。


(1) SEO対策の方向性が定まっていない。つまり検索順位の乱高下がパソコンサイト以上に予想される。
(2) 携帯のフルブラウザー化によって、モバイルサイトそのものが意味をなさなくなってしまう危険性
(3) サイトを構成するHTML言語がシンプルなため、企業やチームで行っているところが量産サイトをつくりやすく優位である
(4) 携帯で検索した時に1ページ目に表示されるサイト数が5個、2ページあわせても10個のサイトしか表示されない。つまり、パソコンでは20位以内に入れば、そこそこ訪問者がいるのに、モバイル版である携帯サイトの場合には10位以内に入らなければ訪問されない。
(5) (4)と同じ理由から上位サイトがパソコン版に比べて圧倒的優位にある。
(6) パソコンアフィリエイトよりも、あまり稼げない。
このことは推測にすぎないのですが、成果報酬額を表示しているASPの上位サイトの金額を確認すると分かります。例えばパソコンアフィリエイトの成果報酬額が1位100万円だとすると、モバイル版である携帯アフィリエイトの1位はジャンルにもよりますが10万円くらいです。今後、モバイル版のほうが成果報酬でも増えていく可能性が高いのですが、それでも現状では、それくらいの差があります。
以上の問題点をモバイルアフィリエイトをおこなう場合には認識しておく必要があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


アフィリエイトサービスプロバイダー(ASP)


おすすめ記事

人気記事