アドセンスで稼ぐ場合のデメリット・問題点

アフィリエイト初心者が取り組みやすいのはアドセンスということは一般的になっていますが、果たして、そこに問題点はないのでしょうか?


やはり、メリットがあれば、デメリットも存在します。
まずメリットについてですが、
(1) 通常商品やサービスの紹介を行う成果報酬型では、その扱うもの自体を自分で探して、個別に紹介していかなければなりませんが、アドセンスではグーグルが自動で行ってくれるために余計な作業が必要ありません。
(2) サイトを完成させた後はアクセスアップするには、どうしたら良いのかという、1点に作業の労力を集中させることができます。
(3) 間違ってクリックされた場合でも、報酬が発生します。成果報酬型では間違ってクリックされても、お金を稼ぐことができないため、そのような意味ではかなりのアドバンテージがあります。
しかし、そのような良いことばかりではありません。
デメリットとして下記のような問題があります。
① アドセンスではクリック率が通常5%~10%と、ほぼ決まってしまっている。
② アクセス数が伸びないと、何万円も稼ぐことが難しい。
③ JAVA Scriptがオフにされている場合、アドセンスの広告が表示されない。
④ 1クリックの報酬単価が低い場合、小額しか稼げないことがある。
つまり、アドセンスは小額を稼ぎやすい反面、数万円レベルまで稼ごうと思った場合、障害が多いということです。数千円~数万円、具体的には3千円~3万円くらいまでを対象として、お小遣いが欲しいのなら良いのですが、数万円~数十万円と稼ぎたい場合には不向きです。
例えばアドセンスだけで10万円稼げるほどのアクセス数があるのなら、成果報酬型で稼いだほうがより多くの収入を増やせる可能性があります。
(アドセンスの参考例)
1日2,000人の訪問者数
ページビュー数:2
1クリック単価:25円
クリック率:5%
上記例でようやく1ヶ月で、30,000円~60,000円の収入です。
1日2,000人なんて、まず最初から集めることは困難です。
通常、少し頑張って1日の訪問者数が200人~300人が良いところです。
そうすると、やはり3,000円~9,000円が相場となります。
ところが、同じアクセス数なら報酬単価の高い、成果型のほうが断然稼げます。
通常、訪問者の50%~70%が広告をプレビューし、
そのうち10%の人がクリックします。
そして、さらに10%の人がオーダーするというのが、おおよその数値です。
成果報酬2,000円で、これがアドセンスと同じ1日のアクセス数の場合、どうなるでしょうか?
(200人/1日×60%)×10%×10%×2,000円=2,400円/1日
1ヶ月では50,400円~72,000円位にはなります。
1日2,000人の訪問者数なら504,000円~720,000円/1ヶ月です。
1日、2千人はムリでも、その十分の一である、200人なら可能でしょう。
アドセンスが、200人で3,000円~9,000円に比べて、成果報酬型ではアクセスが同じ状態で、50,400円~72,000円位。
随分と違いがあるものです。
それでも、初心者の方に、アドセンスを勧める理由は、やはりサイトのコンテンツとアクセスアップという2つのみに集中して取り組めるため、その他の様々なテクニックを駆使する必要がなくシンプルであるということが大きな理由です。
しかし、どうせやるならもっと稼ぎたいというあなたには、成果報酬型を取り組むことをお薦めします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


アフィリエイトサービスプロバイダー(ASP)


おすすめ記事

人気記事