キーワード出現頻度と検索順位の変動

アフィリエイトを行っていると、検索順位が常に変動していることが分かります。様々な要因で変化するのですが、サイトのキーワード出現頻度と検索順位にはどのような関係があるでしょうか?


現時点では関連性は厳密ではないようです。
キーワードが多ければ多いほど、上位表示されるというよりも、4%~8%の適度な量で、キーワードを含んでいることが大切だと思います。
但し、基本としてキーワードはトップページを含めておくべきだと思いますが、それ以上に重要なのは、被リンクのキーワードです。
被リンクが何のキーワードで、サイトにリンクされているのかによって検索順位が変わります。
例えば、サイトのトップページにキーワードが含まれていない場合でも、被リンクにキーワードが含まれていれば、そのキーワードで検索エンジンに認識させることが可能です。
検索エンジンはYahooでも、Googleでもサイトの内部要素であるキーワードの出現頻度よりも、被リンクのキーワードを重視しているということが分かります。特にGoogleでは、その傾向が顕著です。
つまりサイト内部またはトップページに必要なキーワードを含められなくても、重要キーワードを含んで構成した後、被リンクに重要キーワードを含んだもので自サイトにリンクしてもらいます。
その上で、サイトトップページに含められなかったキーワードで、さらに被リンクをしてもらえば、対象とするキーワード全てで検索エンジンに認識させることが可能ということです。
本当にそんなことが可能なのか?と思われる方もいるかもしれませんが可能です。サイト内部に色々なキーワードを詰め込みすぎて、読みづらい文章となるよりも、それならば被リンクにキーワードを含んで構成する方が有効かもしれません。
但し、それは補足的なものです。重要キーワードで検索エンジンで上位表示を目指すなら、トップページを含めてキーワードの出現頻度が高いことが基本です。でなければ不自然だからです。
例えば、ダイエットサイトなのに、SEOで被リンクされていれば検索エンジンにSEOサイトとして認識させることが可能ですが、関連性がなければ不自然だと思うのです。
人間が不自然だと思うものを、各検索エンジンがそのままにしておくとは思いません。
サイトの構成内に含まれていないキーワードで被リンクされている場合、ペナルティが与えられるとまではいかなくても、そのキーワードでの評価を無効とされる可能性があるので注意しましょう。
■ 当サイトの結論
Yahoo・Googleともにサイト内部のキーワード出現頻度よりも、被リンクのキーワードを重視している。但し、不自然さをなくすためにも、サイト内部にキーワードを含めるべき。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


アフィリエイトサービスプロバイダー(ASP)


おすすめ記事

人気記事