メタタグのサイト紹介文を意識して記述していますか

メタタグのサイト紹介文は「タイトル」に次ぐ、重要な構成要素です。ここをおろそかにしては、アフィリエイトではアクセスアップが望めず、稼ぐことができません。


「タイトル」と「サイト紹介文」、そして「キーワード」がサイトのHEAD情報に記載する重要な構成3大要素です。通常、meta情報のdescriptionとして記載しますが、アフィリエイト初心者の方の場合、どうしてもココが適当になりやすいのです。
あなたはどうですか?
「一生懸命、キーワードを入れて書きました!!」では不十分なのです。
サイト紹介文は文字数プラス、構成を考える必要があるのです。
まず、文字数については70文字を基本とします。
70文字以上になる場合、本文の文字数もあわせて増やさなければなりません。
どいうことかと云いますと、「タイトル」の記述の仕方については紹介しているので、ここでは詳細は省きますが、3つのキーワードを入れながら大体25文字が基本です。そして、その文字数に70文字を加えると、95文字前後になります。
このHEADの文字数を総単語数で割るとHEADの文字数のサイト割合が算出されます。
HEAD割合=(タイトル文字数+サイト紹介文)÷総単語数
この数値が12%~15%が理想的な数値です。
特にYahooでは12%前後、Googleを含めると12%~15%といったサイトが上位表示されています。
つまり15%以上になっている場合、サイトの中身の文章量に対して、やたら紹介が長いサイトとしてペナルティーを受けている可能性があるのです。
この12%という数値は、サイト内の文章量にも寄るため、サイト紹介文だけを適正化しても、あまり意味がないのですが、META情報に記述する場合には、意識して70文字前後に収めた方が無難といえるでしょう。
また70文字の構成については
前半50文字と、後半20文字に分けられます。
それは、検索エンジンによっては50文字までしか表示しないものや、70文字まで表示するものがあるため、それぞれに対応させるためです。
例えば、
「圧倒的なSEO対策であなたを強力にサポートしてアクセスアップさせます!さらに完全成果報酬制なので安心。SEOで検索エンジン上位表示を狙うなら」
となります。
紹介文文字数は70文字。前半51文字の、後半19文字構成となっています。
この場合のキーワードは3つ、
(1) SEO対策
(2) アクセスアップ
(3) 検索エンジン上位表示
この3つのキーワードを散りばめながら、70文字で紹介文を構成しているのです。
是非、あなたが上位表示させたいキーワードでもチェックしてみてください。1位から30位位まですべて調べると平均として、大体このような数値となっているはずです。
ちょっとしたテクニックですが、知っているのと知らないのでは検索エンジンの表示結果に違いが出てきますので、このような小さなテクニックを1つづつ積み重ねていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


アフィリエイトサービスプロバイダー(ASP)


おすすめ記事

人気記事