最近の投稿

在宅で不労所得が稼げる

通常、副業は外に出なければ稼げません。例えば、数年前に中古書店ブックオフを使った「せどり」がブームになった時がありました。ビームと呼ばれる子機を使いバーコードをスキャナーしながらオークションとの価格差を利用したテクニックです。ですが、ブックオフ自体がオークションを利用し始めたために、あっという間に下火になってしまいました。これも、毎週、ブックオフが行うキャンペーンを調べながら店舗に足を運ばなければいけませんでした。せどりに限らず、コンビニのアルバイトでもお店に通勤して稼ぐことが普通です。

内職という手もありますが、内職はかなり悲惨です。10秒間で0.5円という感じなので、1分で3円ほどになります。1時間では180円。朝から晩まで12時間頑張っても2,160円にしかなりません・・・。世の中には最低時給というものがあります。今日現在は900円前後ですが、内職の場合、6時間頑張って働いて最低時給の1時間分に相当する程度です。

資格所有者はアフィリエイトでも有利!?

在宅で稼げる副業ならアフィリエイトで決まり!?その点、アフィリエイトは最初の3か月から半年ほどは思ったように稼げるわけではありませんが、そこから爆発的に稼げるようになるケースがほとんどです。多分、最初は稼げても1カ月で3000円とか5000円が良いところかもしれません。ですが、2カ月、3か月と努力し続けることで徐々に報酬がアップします。この3か月間努力し続けることが出来るかどうかがアフィリエイトで稼げるかどうかの1つのポイントです。

但し、多くの人は3か月間と努力出来ません。多くの人は最初の熱が冷めて飽きてしまうのです・・・。なので、これまで何らかの資格試験や受験勉強をしてきた経験がある人は有利です。というのも、通常資格試験などは半年から1年以上の勉強を続けてようやく合格できるものがほとんどです。中には国家試験のように何年も勉強品と合格できないものもあります。

社会人に人気の資格である宅建も目安の期間が6か月です。この期間、努力した経験のある人は耐性があるので、アフィリエイトでも成功しやすいのです。合格できるかどうかの不安は、稼げるかどうかの不安と似ていますし、何よりも計画性が必要です。

アフィリエイトで独学は危険

尚、アフィリエイトで問題になるのは独学です。資格試験などと違い、書店にいっても本当に為になる参考書や問題集は売っていません・・・。確かに本は売っていますが、実践レベルではとても使えるものではありません。では、攻略できないのかと云えば、そうではありません。アフィリエイトで稼ぐテクニックは既に確立しています。

今から、5年以上も前はアフィリエイトで稼ぐ方法も多種多様で、色々な方法で稼ぐことが模索されていました。ですが、年と共に淘汰され、今では一定の努力をすれば、多くの人が毎月3万、5万の副業として収入を得ており。中には30万、100万円以上と毎月稼いでいる専業主婦も普通にいるほどです。なので、アフィリエイトは努力しても稼げない!?のではなく。正しいテクニックを知らないだけ、稼げる方法が分からないだけと云えます。

そのような中、サイトアフィリエイトについてはコチラのブログが詳しいです。当サイトの管理人であるわたしも常日頃からアドバイスを貰いアフィリエイトで稼げるようになりました。 アフィリエイト初心者でも稼ぐ方法がわかるユッキー☆さんのブログ

何のアフィリエイトから始めたら良い?

でもアフィリエイトには色々な種類があってどれから始めたら良いのか分からない!という人は、グーグルのアドセンスや資料請求アフィリエイトがおススメです。どちらも、アマゾンや楽天などの物販アフィリエイトよりも稼ぎやすい方法です。アフィリエイトにはエーハチネットやインフォトップ、バリューコマースやアクセストレードなど色々なASPがあります。また無料ブログやWP(ワードプレス)、ホームページ作成ソフトのシリウスなどブログの作り方も色々あります。

INFOTOPの情報商材などに限らず、アマゾンや楽天アフィリエイトで稼げるようになると、色々な商品で応用ができるため、収入アップしやすいメリットがありますが、まず最初はアフィリエイトに慣れるためにも、グーグルのアドセンスや資料請求アフィリエイトから初めてみるのが良いでしょう。

毎月、3万円、5万円と稼げるようになったら、その他のアフィリエイト手法を試してみると良いと思います。何はともあれ、まず始めてみることです。アフィリエイトは楽に稼げるわけではありませんが、あなたが働らけなくても自動で不労所得が手に入るキャッシュマシーンを作ることが出来ます。あなたが寝ている時でも、旅行に行っている時でさえ、インターネットに設置にされたキャッシュマシーンのアフィリエイトサイトがドンドン、お金を稼ぎ続けてくれるのです。

人気記事